広告

浴衣 生活

もう迷わない!浴衣の帯の結び方とアレンジ

投稿日:2017年11月19日 更新日:

夏になると、夏祭りや花火大会などの楽しいイベントがたくさんありますよね。

日本ならではの夏祭りや花火大会に浴衣でのお出かけしたら、さらに楽しめそうですね。

ただ、着方がわからない、帯が結べないなどで躊躇している方もいるでしょう。

私も、今年の夏は、久しぶりに浴衣を着ていきたいと思いましたが、浴衣で着付けを頼むのもちょっと面倒ですし、お金もかけたくない、自分で着てみようと考えました。

実際にやってみたら、意外と簡単に着られました。

浴衣は、少し練習をすれば、簡単に着られるようになります。

今回は、簡単に結べる帯の結び方について紹介します。

スポンサードリンク
  

基本を知ろう、浴衣の帯の結び方

浴衣の帯の結び方は、文庫結び、蝶結びなどはよく見かける定番の結び方です。

少し珍しいアレンジをきかせた結び方になると、たまてばこ、花結び、片蝶流し、しだれさくら結びなど、他にも紹介しきれないほどたくさんあります。

その結び方は、アレンジをきかせている分、華やかになりますが少し結び方が難しくなります。

ただ、最初の部分の結び方は共通していますので、慣れてくれば簡単にこなせるようになります。

まずは、帯を結ぶにあたって、準備しなくてはならないものを紹介します。

帯…
これがなくは始まりませんね。

浴衣が柄だから無地でないとなどという決まりはありません。

全体のバランスを見て自分の好みの帯を選ぶと良いでしょう。

前板…
帯を結ぶ時に1周目と2周目の間に入れます。

これを入れると帯がぐにゃりとならなくなりますので、あった方がきれいに見えます。

無い方は厚紙を入れて代用もできます。

洗濯バサミ…
帯を結ぶ際に止めておくのに便利です。

帯紐…
帯紐は帯の上に付ける飾りです。

着物では必ず付けますが、浴衣はどちらでも良いです。

しかし、最近は帯紐をつけている方を多く見かけます。

では、始めに簡単にできる帯の結び方を紹介します。

浴衣の結び方で、ますはマスターしてほしいのは、文庫結びです。
http://www.sgm.co.jp/useful/kitsuke/obi/musubi03.html

文庫結びは、半幅帯でも結ぶことができます。

昔からある伝統的な結び方です。

また、少しだけアレンジをしたのが、蝶結びです。
http://www.sgm.co.jp/useful/kitsuke/obi/musubi09.html

蝶結びも半幅帯でも結ぶことができます。

アレンジといっても羽の部分を少し広げるだけなので、文庫結びと同じ要領でできますね。

この結び方は、古典的な柄の浴衣にも、現代的な浴衣にも合います。

これさえできれば、恥ずかしくありません。

特に初めての方は無理をせずにこの結び方の練習をおすすめします。

お出掛けの当日は、メイクやヘアアレンジなどもありますし、朝から浴衣を着るわけにもいきませんので、約束の時間との戦いになります。

お出かけ前に疲れてしまっては、元の木阿弥ですよね。

スポンサードリンク

年齢や柄に合わせて、浴衣の帯をアレンジしよう

浴衣の帯の結び方は、本当にたくさんあります。

好きな結び方でお出かけして良いのですが、着物と同じように年齢にあった結び方があります。

もちろん個性ですので、絶対ダメという訳ではありませんが、洋服でも若いのに老けた感じの装いやその逆の装いだと、少し違和感がありますよね。

特に浴衣や着物は年齢に合わせた結び方が求められるようです。

年に何度もない浴衣のお出かけですので、自分の年齢にあった帯の結び方を知って素敵にお出かけしましょう。

◆年齢制限なし
文庫結び

若い方から年配の方まで、結べます。

◆50代以上
貝の口、お太鼓結び

大人の上品な着こなしを出すのであればこの結び方が素敵です。

◆20代~30代
蝶結び

若い方に似合う結び方です。

他にもいろいろな結び方がありますが、基本の結び方で若々しくみせるならこれです。

帯の位置は、若い方はやや高めに、年配の方はやや低めに結ぶと年齢に合った着こなしになります。

若く見せたくて高い位置にしてみると全体感が崩れてしまいます。

ただ、年齢の決まりは絶対ではないので、顔や体型などを考えて帯の位置や結び方を考えましょう。

他にも華やかな結び方はたくさんあります。

たまてばこ
http://www.sgm.co.jp/useful/kitsuke/obi/musubi23.html

花結び
http://www.sgm.co.jp/useful/kitsuke/obi/hanamusubi.html

片蝶流し
http://www.sgm.co.jp/useful/kitsuke/obi/hanamusubi.html

しだれさくら結び
http://www.sgm.co.jp/useful/kitsuke/obi/musubi08.html

貝の口
http://www.sgm.co.jp/useful/kitsuke/obi/musubi04.html

帯の結び方は、帯の裏側を見せる結び方がたくさんあります。

その際に、裏側の色にインパクトあると浴衣のポイントになります。

また、同系色にすると大人っぽくシックに着こなすことができます。

年齢や好みで、浴衣と帯選びや帯の結び方を変えると良いですね。

最近は、浴衣でくると割引があるイベントなども多く開催しています。

船上パーティーなどもあるようです。

そのような時は、少し華やかにしていっても良さそうです。

まとめ

浴衣は、着物を着るよりも準備する道具も少ないですし簡単ですね。

しかも、年齢も関係なく楽しめます。

浴衣は、日本ならではのものですから、着たい気持ちがあるのであれば、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

良い思い出になりそうです。

スポンサードリンク

-浴衣, 生活
-,

Copyright© 【チエココ】~明日から使える知恵の宝庫~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.