広告

健康 噛む

今更聞けない食べ物を噛む理由 噛む回数の平均は?

投稿日:

大人になって子供に聞かれた時、食べ物を噛む理由や回数の正しいことを教えることができますか?

私は正確なことは教えることが出来ないなと恥ずかしながら思います。

皆様の中にもいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、食べ物を噛む理由と回数の正しい知識をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク
  

食べ物を噛むそもそもの理由とは?

食べ物を噛むことは、噛まないと飲み込めないということになります。

そして、噛むと言っても大事なのは良く噛むことです。

良く噛むことは、とてもメリットがあることで、食べすぎを防いでくれたり、消化を助けたり、大脳が活発になるというのが代表的です。

また、歯と口の健康の為や味覚が豊かになったりということもあります。

そして、意外かもしれませんが、良く噛むことで唾液が良く出るようになります。

唾液にはガンなどを引き起こ物質の悪い作用を抑える酵素が含まれているので、しっかり噛んで唾液を出すことも大切になってきます。

改めて、考えてみると、噛むといった自然の動作の意味はとても大切なことがわかりますよね。

噛むことの意味、理由を知ると、お子さんや周りの方にも、話す時に説得力が出てくるので、反響は良いかと思います。

スポンサードリンク

食べ物を噛む回数の平均はどれくらいが理想なの?

実際の現代人の噛む回数は10~20回と言われており、忙しい方はもっと噛む回数が少ないと思います。

よく、噛んで食べなさいと聞くと思いますが、では何回噛めばよいのでしょうか?

あくまでも目安ですが、一口に噛む回数は30回なのです。

この理想回数を守ると、期待できる効果もあります。

それは、ダイエット効果、胃への負担軽減、がん予防、髪や肌の若返り、血糖値の低下などいろいろな効果が出てきます。

噛むことを少し意識しただけで、こんなに沢山の効果が期待できるのですが、意識をしても、この30回という咀嚼回数はなかなか難しい数字で、ほとんどの人が30回を全ての食事で行うというのは厳しいかと思います。

いきなり30回というのを目標とするのではなく、まずは20回、25回と少しずつ目標を伸ばしていくのが良いかなと思います。

是非チャレンジしてみて下さいね。

まとめ

改めて、噛むことの大切さを分かってもらえたのではないかと思います。

現代人は忙しく、ついつい早食いをしがちです。

でも、少し回数を増やすだけで、健康になるための効果を得ることが出来るのです。

是非、試してみて下さいね。

スポンサードリンク

-健康, 噛む
-,

Copyright© 【チエココ】~明日から使える知恵の宝庫~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.