広告

ノロウイルス 病気

ノロウイルスの正しい予防 消毒方法や対策について

投稿日:2016年9月5日 更新日:

pleats_mask_hida

年末にかけて本格化するノロウイルス。対策は万全でしょうか。

旅先でノロウイルスにかかった筆者の経験を交えながら、今回は予防方法について

ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

手洗い

当たり前すぎて拍子抜けしたかもしれません。

しかし、とても大切な予防方法です。

ノロウイルスに限った話ではなく、同じ時期に猛威を振るうインフルエンザの対策にもなります。

エタノール系の消毒液を併用するとなお高い効果が見込めます。

アルコール系の消毒は、ノロウイルスには効き目がないようなので、期待しないほうがいいです。

ちなみに、筆者がノロウイルスに感染した際は、家族が塩素系洗剤を薄めたものを、洗面器に入れてトイレに行ったあとなどにこれで洗うように言われました。

確かに除菌効果は見込めるかもしれませんが、肌への刺激を考えると、お勧めできるものではありません・・・・。

特に目立った手荒れなどの症状は出ませんでしたが、小学校のプールに行ったような独特の匂いが気持ち悪さを助長します・・・。

最近だと、ノロウイルス対策用の消毒液が売られているので、そういったものを購入したほうが良いと思います。

スポンサードリンク

消毒

手の消毒については上記で説明しましたがこちらでは、手で触るものへの消毒について紹介します。

調理器具については、塩素系の漂白剤でしっかり除菌しましょう。ノロウイルス患者が治りかけの状態で家族に料理をふるまうのはかなり危険です。

家族へ迷惑をかけたくない気持ちもわかりますが、感染させてしまったらそれ以上に迷惑をかけることになります。

コンビニやスーパーの惣菜で我慢してもらうのが無難だと思います。

子供がいる家庭で注意したいのがおもちゃです。

子供自身が感染した場合は、手に付着したウイルスがおもちゃに移り、それを両親等が手に取り、その手で何かを食べようものなら・・・。

ノロウイルスの感染力はあなどれません。

また、両親がノロウイルスに感染した場合も同様です。重篤化しやすい子供や高齢者には極力近づかないほうが安全です。

あと、駅のホームやホテルの廊下など、多数の人が行きかう場所で嘔吐物があったときは、極力避けたほうが良いでしょう。

単なる飲みすぎによるものであれば問題ありません。しかし、ノロウイルスによるものだった場合は、そこから空気感染する可能性があります。

特に屋内だった場合、消毒が徹底されていないと、見た目はきれいになっても、実はウイルスが飛散しているということもあります。

見かけ上はきれいになっているというのが余計ウイルスの存在に気付かずスキを与えることになります。とにかく、うがいと手洗いを徹底しましょう。

加熱

食べ物については、塩素系漂白剤などを使う訳にはいかないので、加熱消毒が基本となります。

特に貝類は要注意で、生焼けの状態から感染するリスクがあります。

特にご自身で調理をする際は、気持ち長めに加熱するように心がけるべきです。

店員などが調理をする際は、中を開けてみて不安があれば、遠慮せずに再加熱するように申し出たほうが良いでしょう。

「店員に手間をかけるのは気が引ける」と思う方いらっしゃるかもしれませんが、そこで出された料理が原因でノロウイルスを発症させようものなら、その店の信用を失うことになりかねません。

お客の安全と店の信用を守るためと思えば、遠慮する必要はないのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「そこまでやらなきゃいけないの?!」と驚かれたかもしれません。

「今までそんな徹底しなくても感染しなかったし」と、話半分に見られている方もいるかもしれませんね。

感染者だからこそわかりますが、発症した際の心身の辛さは並々ならぬものがあります。

筆者は旅先の福岡で発症してしまったため、帰りの飛行機を当日キャンセルしました。

そして、1日療養し、新幹線で通路側のトイレに近い指定席を取って、都度トイレに行くという有様です。

いつか粗相するのではないか?という恐怖感があり、ゆっくり寝ている暇もありません。

年末ともなれば、いろいろとイベントが控えている方が多いのではないでしょうか。

それらを台無しにしないためにも、日ごろから感染症対策を徹底されることをおすすめします。

ノロウイルス関連記事

ノロウイルスの治療方法とは?完治までの日数や費用について紹介

赤ちゃんがノロウイルスに!?主な症状と外出や食事について

赤ちゃんのノロウイルスとロタウイルスの症状や見分け方について

スポンサードリンク

-ノロウイルス, 病気
-,

Copyright© 【チエココ】~明日から使える知恵の宝庫~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.