広告

ひな祭り

ひな祭りお祝いプレゼントで失敗しない!お祝い金相場は?いつ贈る?

投稿日:2016年11月19日 更新日:

stand1_front02_girl

雛祭りの季節になると、贈り物を義理でもやらないといけない立場の方はいらっしゃるはずです。

血縁関係ならまだしも、友人知人の関係であればなおさらプレゼント選びに悩んでしまうかもしれません。

そこで、今回は外さないための雛祭りプレゼント選びとお祝い金を贈る場合の相場、プレゼントを贈るタイミングについてご紹介します。

スポンサードリンク

雛祭りのお祝いには何をプレゼントするべきか?

・お花
生花であれば、後に残らないので非常に潔いプレゼントです。

リビングにしばらく間飾っておくこともできるので、きっとご家族からも喜ばれることでしょう。

花束を贈るよりはフラワーアレンジメントのような場所を取らないもののほうがより、コンパクトで無難です。

ただし、お菓子好きの子供にとってはちょっと残念かも・・・。

・マカロン
雛祭りのお菓子といえばひなあられが非常に有名です。

場合によっては、他の方の贈り物とダブってしまう危険があります。

それを避けるためにも、少し切り口を変えたプレゼントとしてマカロンはいかがでしょうか?

色とりどりでなおかつビタミンカラーが多いマカロンは、春の訪れを彷彿させる素敵なギフトになることでしょう!

・玩具
雛祭りには直接的に関係ありませんが、パステルカラーを多用したおままごとセット等は季節感を感じさせるので、とても良いです。

その子供が日頃からおままごとなどに関心を持っているかを事前にチェックしないと、押し入れの肥やしになる可能性もあるので、そこは要注意です。

スポンサードリンク

気になる雛祭りのお祝い金相場

・祖父母の場合
5000円〜30000円が一般的です。

雛人形を贈る場合はそれ自体がかなり高価なので、それに加えてお祝い金を贈るケースは少ないです。

受け取った方も、あまりに高価だとお返しに困ってしまうかもしれません。

・兄弟姉妹関係の場合
3000円〜1万円が一般的です。

渡す側の収入にも左右されるので、そこは身の丈に合った金額を渡すようにしましょう。

・友人の場合
3000円〜5000円が一般的です。

特に血のつながった関係ではないので、金額がどうのこうのというよりは、お祝いをする気持ちを表現するためと割りきって渡すほうが良いでしょう。

現金に抵抗があれば、ひなあられなどのお菓子の詰め合わせを贈るのも1つの手です。

お菓子にこだわらなくても、その子供の両親も楽しめるような食べ物を贈ると家族全体から喜ばれます。

・お祝い金を渡す際の注意点
くれぐれもお金単体で渡さないように気をつけましょう。

必ず渡す際にはご祝儀袋などに入れてから渡すのがマナーです。

コンビニに行けば売っているので、そこは労を惜しまず用意しましょう。

受け取る本人の両親によっては、そういったマナーを重んじる方もいるので注意が必要です。

雛祭りのお祝いはいつ贈る?

原則は雛祭りの当日に贈るようにしましょう。

そうは言っても、遠方に住んでいる等といった理由で当日渡すことができない場合があります。

その時は、雛祭り当日に限りなく近い日に遊びに行くというのも1つの手です。

あるいは、日付指定をして郵送してしまえば当日無理に足を運ぶ必要もないので合理的です。

しかし、1年に1回のお祝いごとなので、日頃から顔なじみの方であれば、雛祭り当日に直接遊びに行きたいものですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

雛祭りだからといった特別なお祝いのルールやマナーがあるわけではなく、原則は入学祝い等と同じです。

また、食べ物以外のプレゼントは形として残る分事前のリサーチが重要です。

常識的な部分(ご祝儀袋にお金を包む等)といった部分を順守して、盛大に祝ってあげましょう!

スポンサードリンク

-ひな祭り
-,

Copyright© 【チエココ】~明日から使える知恵の宝庫~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.