広告

ノロウイルス 病気

赤ちゃんのノロウイルスとロタウイルスの症状や見分け方について

投稿日:2016年9月7日 更新日:

akachan_cry

冬から春にかけて流行するノロウイルス。1度かかった方はきっとトラウマになっているかと思います。

それ以外にもロタウイルスという赤ちゃんや子供に蔓延する病気があります。

赤ちゃんが胃腸炎らしき病気になった際、ノロウイルスなのかロタウイルスなのかで周りが警戒するべきレベルが変わってきます。

そこで今回は赤ちゃんのノロウイルスとロタウイルスの見分け方についてお伝えします。

スポンサードリンク

ノロウイルスの症状

突発的に激しい嘔吐と下痢に襲われます。

この辛さは感染者にしか分かりません・・・・。

対象年齢が限定されておらず、誰でも感染する危険性を秘めています。

そういった意味では、免疫力の低い赤ちゃんには一層注意する必要があります。

感染原因は、牡蠣のような二枚貝を十分熱しないで食べたことによるものです。

また、人から人へと移っていくため、貝類を食べない人も関係なく感染します。

特に年末年始は、帰省や忘年会、新年会などで普段よりも多くの人と接する機会があります。

その中で1人でもノロウイルスの患者がいると、そこから一気に蔓延していきます。

そして、ウイルスを自宅に持ち帰り、家族まで感染するという流れです。

自宅に持ち込んでしまうと感染の連鎖を止めることは極めて難しいです。

スポンサードリンク

ロタウイルスの症状

ロタウイルスも、嘔吐や下痢といった症状が出るといった点では、ノロウイルスと変わりません。

しかし、以下の点においては、ノロウイルスと異なる特徴があります。

・流行する時期
→春先にかけて流行しやすいです。冬に流行するノロウイルスとは時期がずれているため、発症した時期で判断することも可能です。

・感染する年齢
→0歳から5歳くらいまでの子供が発症しやすいです。

子供から子供への感染力が非常に強力である為、幼稚園や保育園などで1人発症してしまうと、瞬く間に感染範囲が拡大していってしまう恐れがあります。

それに対して、大人の発症率は極めて低いです。そのため、大人がロタウイルスに感染するということはあまりないと言えます。

・2度目の感染の有無
→ロタウイルスは1度かかると、抗体ができるため、毎年のように感染するというケースは少ないです。

ノロウイルスは、何度発症しても抗体ができないため、「1度かかったからもう大丈夫!」などと油断していると、また感染する危険性が高まります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ノロウイルスもロタウイルスも一見症状が似ていて、判断に戸惑う語ともあると思いますが、特徴を整理していくと比較的楽に見分けることができます。

ただし、いずれにしても胃腸炎であることに変わりはありません。

また、子供の場合はどちらにかかったとしても脱水症状などで重篤化しやすいので、早めに病院へ連れていくことをお勧めします。

ノロウイルス関連記事

ノロウイルスの治療方法とは?完治までの日数や費用について紹介

ノロウイルスの正しい予防 消毒方法や対策について

>赤ちゃんがノロウイルスに!?主な症状と外出や食事について

スポンサードリンク

-ノロウイルス, 病気
-,

Copyright© 【チエココ】~明日から使える知恵の宝庫~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.