広告

あさり 料理

あさりの砂抜き 時短方法と失敗知らずのポイント・保存方法教えます

投稿日:2017年1月29日 更新日:

あさりを調理するとき、あの嫌な「ジャリ」を無くすために、砂抜きは欠かせません。

時間がかかるイメージのある作業ですが、最近話題になっている「時短砂抜き」があります。

その方法・失敗しないためのポイント・保存方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

あさりの砂抜き 時短でできる方法

通常は、あさりの砂抜きには「少ししょっぱい」と感じる程度の塩水に、買ってきたものは3〜6時間、潮干狩りで採ってきたものは一晩置いておく方法があります。

でも、時間がない、どうしても今日食べたい!という方は、以下の方法であっという間にあさりの砂抜きができます。

・・・用意するもの・・・
貝を並べられる平たいバット(なければ大きめのボウルか片手鍋)
温度計
45〜50度のお湯
・・・方法・・・
1. 水道水でもみ洗いする
2. あさりをバットに重なさらないように並べる
3. お湯を入れて10〜20分放置
4. 水道水で殻をこすり合わせながら洗う
スポンサードリンク

あさりの砂抜き 失敗しないためのポイント

時短での砂抜きを成功させるためには、いくつか気をつけたいことがあります。

まず、購入段階で、あさりの状態を見て良いものを買いましょう。

良いもの・・・殻の色が濃いものより薄い色、パックを揺すってみて、活発に動いたり泡がたくさん出れば、それは新鮮なあさりの証拠です。

*あさりの頭が少し出るくらいの量のお湯を入れます。

*温度計があれば50度をキープします。

45度以下になると、雑菌が繁殖しやすくなりますし、高すぎてもあさりが死んでしまします。

温度計がなければ、お湯1:水1の割合にします。

冷めてきたら、お湯を少しずつ足します。

*濁りがひどい時は、もう一度お湯を替えてよくかき混ぜます。

それでもまだ汚れがある場合、3度目は水に替えます。

*よく、「5分でできる」という方法を目にしますが、これは量によって差があると思います。

私は「ジャリ」感を少しでも減らしたいので、最低でも10分以上は浸けます。(量が多い、平らに並べられる容器がない、などの場合は、多めに時間をとった方が良いと思います)

あさりの砂抜き 保存方法

砂抜きをした後のあさりは、2〜3日であれば冷蔵庫で、それ以上は冷凍庫で約1ヶ月程度保存できます。

ジップロックやタッパなどの密閉容器に入れてくださいね!

冷凍保存したものは、自然解凍すると死んだ細胞が傷んでいくので、凍ったまま調理します。

ただ、一度凍らせたものは火が通りにくいで、沸騰したお湯にそのまま入れるなどの急激加熱が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

貝類は、きちんと調理しないと食中毒やノロウイルスなどの病気にかかってしまう食材です。

調理したあとも口が開いていなかったり、半開きになっているものは食べてはいけません。

私は少しでも開いていれば火が通っているのだと思い、半開きのものを食べてしまって、あたった辛〜い経験があります。(あさりではありませんが・・・)

しかし、しっかり調理すれば美味しい貝たち。

この方法で、「ジャリ」の心配なく、あさりを美味しく食べてくださいね。

スポンサードリンク

-あさり, 料理
-, , ,

Copyright© 【チエココ】~明日から使える知恵の宝庫~ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.