広告

クリスマス

クリスマス会のプレゼント 子供会で必要?予算やおすすめグッズについて

投稿日:2016年9月28日 更新日:

christmas_ornament07_tree

幼稚園や小学校でも盛んにおこなわれるクリスマス会のプレゼント交換。

うちの子は一生懸命考えて選んで持って行ったのに、もらったプレゼントはあまりに貧相・・・。

あまりにショックが大きいと、その場で泣き出してしまう子もいるそうです。

そんなことになったら、せっかくのクリスマス会も台無しですよね・・・。

今回は子供たちの集まりの場における、クリスマス会のプレゼント交換の必要性と、適切な予算、喜ばれるお勧めグッズについてお伝えします。

スポンサードリンク

クリスマス会のプレゼント そもそも子供会で必要なの??

結論から申し上げると、「プレゼント交換はしないに越したことはない」というのが当ブログでの見解です。

というのも、プレゼント準備に対する熱意にムラが出るからです。

早い段階からお店の下見をして、親御さんと相談しながら何がいいかを考える子供もいます。

しかし、現実はそんな計画性の高い子供ばかりではなく、当日の朝に家の中にあるものを適当にくるんで持ってくる子供もいるわけです。それも平気な顔して。

家にたまたまあったほこりの被った焼き物を、画用紙に包んで持ってくる猛者がいたとかいないとか・・・・。

お宝鑑定団などで査定できる価値のあるものであれば、それこそ泣いて喜びますけどね笑

そもそも、そんなに価値のあるものを子供会のプレゼント交換の場に持ってくるわけがありません。

そんな考えたり迷ったりした形跡のない手抜きプレゼントをもらった子供の心情を考えると、辛いものがあります。

ある程度年齢を重ねていれば、笑い話のネタ程度に済ませられるかもしれませんが、子供は真に受けがちです。

最悪クリスマスそのものがトラウマに感じてしまうこともあるかもしれません。

そうはいっても、プレゼント交換のないクリスマス会なんて味気ないというのが正直なところではあると思います。

そこで上記のような悲しいクリスマス会にしないためにも、以下のことを親御さん同士で意識されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

・プレゼント選びの手伝いをする

勝手に親御さんが買ってきてしまっては意味がありません。

しかし、予算を渡してあとは放置!というのも少し無責任ではないでしょうか?

まだ相手の気持ちに立ってプレゼント選びをするということに不慣れな子供もいるはずです。

この機会をうまく使って、相手に喜ばれるプレゼントが何なのかを1度話し合ってみてはいかがでしょうか?

もし、子供がプレゼント選びを面倒くさがって、ガラクタで済まそうとしたときは、それを逆に自分がもらったらどういう気分になるかを考えさせた方がいいです。

クリスマス会のテーマを超えて躾の話になってしまいますが、幼少期に配慮ができなかった子供が、大人になって突然できるようになるとは到底考えられません。

19歳まで挨拶が全くできなかった子が、20歳になって突然にこやかに挨拶ができるということがないのと同じです。

・代表者が事前にすべてのプレゼントの中身をチェックする

「そこまでやるのか?!」と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、これが訳のわからないガラクタプレゼントを撲滅する抑止力につながります。

ガラクタプレゼントが平然と登場してしまう原因として、匿名性が高いというのがあるのではないでしょうか?

「誰のプレゼントかわからないんだったら、何だっていいじゃないか。」これが子供の考えならまだ許せますが、親御さんがこういう考えを持っているようでは世の末です。

プレゼントの出所をきちんとチェックすることを事前に伝えておくことで、このような手抜きプレゼントを抑制する効果が期待できます。

クリスマス会のプレゼント 子供会における予算

大体300円~500円が平均です。これ以上高くなっても、子供への経済的負担が大きくなりすぎますし、逆にこれより安くなると、選択肢が減ってしまいます(^^;

100円ショップでお菓子とそれを詰め替えるための瓶、プレゼント用の包装紙を買っただけでも300円になってしまいます。

また人によっては、予算が300円の場合、税込300円を超えるから216円で済ませようとする人もいるはずです。

もちろん、それで納得のいくプレゼントができればよいですが、もしそれを口実に手抜きプレゼントを用意しようとする人がいるなら、税抜金額の合計300円以内と言ってしまった方が、良いかもしれません。

消費税ぐらいは親御さんの方で工面してもらいたいものです・・・。

クリスマス会のプレゼント 子供会で喜ばれるおすすめグッズ

・駄菓子詰め合わせ

そのまま渡してしまったら手抜き感が否めませんが、家のガラクタと比べたらまだマシです。

300円分の駄菓子をデパートなどで使われる包装紙を再利用して包むと、いいかもしれないですね。

多少足は出ますが、うまい棒30本分相当ですからね(^^;ボリューム感を出すにはちょうどいいかもしれません笑

・おゆまる

100円ショップに売っている変幻自在に形を変えられるおもちゃです。

熱湯を使うので、くれぐれもやけどには注意してください。

お菓子用の型抜きなどを使ってちょっとしたおもちゃをすぐに作ることができるので、時間に余裕のある方にはお勧めです。

一見板ガムのように見えますが、これがおゆまるです。

どこにでも必ず置いてあるわけではないので、地域によっては根気強く探さなければいけないかもしれません。

キャラクターに模したフィギュアを作ることもできますが、これはちょっと小学生には難易度が高そうです・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか??

全員が思いやりを持ってプレゼントを選べば、楽しい交換会になります。

しかし、誰か1人でも心無いプレゼントを用意すると、会が台無しになります。

そういった悲しい会にしないために、プレゼント交換を止めてしまうのは得策です。

ただし、これから社会で生き延びていくわが子のことを本当に思うのであれば、良い勉強をする機会だと思って、相手が喜ぶプレゼント選びに付き添ってあげるのも1つの手だと思います。

参加者全員が笑顔になれるクリスマス会になるといいですね!!

スポンサードリンク

-クリスマス
-, ,

Copyright© 【チエココ】~明日から使える知恵の宝庫~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.