広告

クリスマス 未分類

子供会のクリスマス会 盛り上がるゲーム3つを紹介

投稿日:2016年9月29日 更新日:

kids_koushin

子供会のクリスマス会でゲームは外せません。

しかし、いざ企画する立場になると、どんなゲームをやるべきか意外と分からないものです。

そこで、今回は子どもたちが盛り上がるゲームについて紹介したいと思います。

ゲームと言っても、WiiなどのTVゲームではなく、室内レクレーションを紹介します。

スポンサードリンク

子供会のクリスマス会で盛り上がるゲームその1 「ハンカチ落とし」

室内レクレーションの中では1位2位を競う人気ゲームではないでしょうか?

・ルール

1、まず鬼を1人決めます。

2,鬼以外は円状に座って目をつぶり、手のひらを上にして、手を後ろに出します。

3,鬼は鬼以外に気づかれないようにそっとハンカチを置きます。

4,ハンカチを置かれた子は、すぐに走って鬼をタッチします。

5,鬼が逃げ切って、ハンカチを置かれた子が座っていた場所に座った場合は、鬼をその子に交代します。

・注意点

走り回るゲームであるため、会場が狭い場合は向いていません。またそのような環境だと、走っている間に他の子の手を踏んだり、ぶつかったりするなどの危険があります。

そして、年齢が離れている場合はどうしても体力差で年少の子の方が鬼になりがちです。

何度も鬼を続けさせられているとだんだんご機嫌が悪くなることもあるので、3回鬼を続けたら、別の子に交代するなどの救済措置は取ったほうが良いでしょう。

鬼を辞めることができない悔しさから泣き出してしまったら、場の雰囲気が悪くなりますからね・・・。

スポンサードリンク

2章タイトル:子供会のクリスマス会で盛り上がるゲームその2 「新聞紙破り」

チーム対抗で新聞紙をいかに長く破るかという、至ってシンプルなゲームです。

これなら、ハンカチ落としと違って、ドタバタ走り回ることもないので、個人宅でも安心してできます!

ルール

1,チーム分けをして1列に並びます。

2,各チームに新聞紙を配ります。

3,一斉に新聞紙を各チームで破り始めます。

4,リレー方式で、30秒経ったら次の人に新聞紙を回します。

5,制限時間を終えた時点で、最も長く新聞紙を破ったチームが勝利です。

注意点

リレー方式で次の人に回すというのが重要です。あくまでチーム戦なので、手先の器用な人がずっと破ってしまっては、チームを作った意味がなくなってしまいます。

20秒〜30秒ぐらいで手際よく次の人に回していけば、メンバー全員に行き渡るはずです。

子供会のクリスマス会で盛り上がるゲームその3 「輪ゴム渡し」

こちらもバタバタ走り回る系統ではありませんが、口にくわえたストローで輪ゴムを渡していくので、かなり盛り上がると思います!

ルール

1,チーム分けをして、口にくわえたストローの上に輪ゴムを乗せる
2,その輪ゴムを次のメンバーに渡す
3,1番早く最後の人まで輪ゴムを渡せたチームが勝利

注意点

この手のゲームでは、手を使ってインチキをする子がいる可能性があります。

そういった光景を他のチームの子が見てしまうと、興ざめしてしまうので、インチキをしたチームは10秒間ゲームを一旦中断し、最初からやり直すなどのペナルティを設けたほうが健全なゲーム運営ができると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

探してみると、意外に簡単で盛り上がるゲームはあるものです。

会場の雰囲気を見ながら、その場その場に合ったゲームを行えば、盛り上がることは必至です。

参加者にはルールをきちっと順守してもらって、楽しいゲームにしましょう!

スポンサードリンク

-クリスマス, 未分類
-, ,

Copyright© 【チエココ】~明日から使える知恵の宝庫~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.